メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

看護師等修学資金制度

県監査委、住民監査請求退ける /神奈川

 県の看護師等修学資金などの貸付金制度で県が約17年間にわたり返還免除や回収の手続きを怠っていた問題を巡る住民監査請求について、県監査委員は16日までに請求を棄却・却下した。ただ、「債権管理として極めて問題」と適切な体制整備の重要性を指摘した。監査請求は、時効などの理由で返還されない貸付金や増員分の人件費を県に支払わせるよう勧告することを県監査委員に求めていた。

 監査結果は、県に対し「違法又は不当に財産の管理を怠る事実」があったと認めたものの、貸し付けの対象者…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです