メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ

熊野で1.32トン まとまった水揚げ今季初 港に活気 /三重

漁船からサンマを水揚げする熊野漁協の浜中一茂副組合長(右)ら=三重県熊野市遊木町で、汐崎信之撮影

 熊野地域のサンマ水揚げ地、熊野市遊木(ゆき)町の遊木漁港で16日、サンマ1・32トンが水揚げされた。今シーズン初のまとまった水揚げに関係者は活気付き、14業者による競りで、同市新鹿町の魚作商店(竹内策一郎社長)が1キロ当たり1117円の高値で落札した。

 サンマは10~5月が漁期。熊野灘では11~2月に旬を迎えるが、熊野漁協では不漁となった昨シー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです