メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/11止 岩美 岩井 歴史刻む自然の恵み 「湯かむり」つなぐ地元の輪 /鳥取

岩井温泉の魅力を語る中島隆敏さん=鳥取県岩美町で、阿部絢美撮影

 山陰で最古とされる1300年の歴史がある「岩井温泉」(岩美町)。岩井温泉区温泉管理機構代表理事の中島隆敏さん(66)は源泉掛け流しの湯をアピールし、「湧き出ている湯は自然の恵みそのもの」と話す。

 「明石家」「岩井屋」「花屋旅館」という3軒の宿と、共同浴場がある小さな温泉街。カルシウムやナトリウムを含んだ硫酸塩泉で、神経痛や筋肉痛、五十肩などに効能があるとされている。

 地元には、江戸時代末期から伝わる「湯かむり」という風習がある。頭に手ぬぐいをのせ、柄杓(ひしゃく)…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです