メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

ファジアーノ岡山ホーム戦、「脱・車利用」呼び掛け奏功 7%が来場方法変更 周辺の渋滞緩和、地域活性化も /岡山

ファジアーノ岡山のホーム戦が開催されるシティライトスタジアム=岡山市北区いずみ町で、高橋祐貴撮影

 サッカーJ2・ファジアーノ岡山のホーム戦で徒歩や自転車、公共交通機関による来場を呼び掛ける「ファジウォーカープロジェクト」の結果が公表された。車を利用していた人の7%がアクセス方法を変え、周辺の渋滞緩和や商業施設の立ち寄りが増えるといった効果が表れた。【高橋祐貴】

 プロジェクトは2016年7月に始動した。ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)でのホーム戦には毎試合1万人近くが来場する一方、周辺の国道53号が慢性的な渋滞に悩まされるなどの課題が挙がっていた。このため、岡山大大学院環境生命科学研究科の氏原岳人(たけひと)准教授(都市・地域計画学)らが中心となり、ファジアーノ岡山と国土交通省岡山国道事務所と連携し、混雑の解消を目指している。

 16年9~10月にあったホーム戦で観客に交通手段について尋ねたところ、車が50・9%を占めた。プロジェクトでは、車で来場する人の1割(毎試合約500人)についてアクセス方法の切り替えを目指し、昨夏からスタジアム周辺でアンケート用紙約1400枚やバスマップなどを配布。来場時の行動プランについて考えてもらうことで、マイカー利用者の減少につなげようとしてきた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです