メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫る選択

2018知事選/中 上関原発 「財源頼らぬ町づくり」 /山口

ボーリング調査用のやぐらが設置された上関原発建設予定地。左奥は祝島

 「新増設をぜひ明記してほしい」。上関町に新原発建設を計画する中国電力(広島市)の清水希茂社長は5日、新年あいさつに訪れた県庁で取材に応じ、政府が検討を進める「エネルギー基本計画」改定の方向性に強い期待を込めた。

 県は2016年8月、中国電力から申請を受け、判断を先送りしていた建設予定地の公有水面埋め立て免許の延長を許可した。同時に、原子炉など原発本体の着工時期の見通しが立つまでは工事に入らないことも要請し、中国電は了承した。

 現行基本計画は30年度の原発比率を20~22%とするが、新増設には言及していない。3年ごとの改定時…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです