メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害廃棄物処理協定

嘉麻市、県産廃協会と調印 締結の流れ拡大 /福岡

災害廃棄物の取り扱いについて協定を交わした(左から)鎌田・県産廃協会長と赤間・嘉麻市長

 嘉麻市は16日、県産業廃棄物協会(鎌田幸男会長、約450社)と「災害廃棄物の処理等に関する協定」を結んだ。地震や風水害などの大規模災害時に、市の要請で、家屋倒壊などで生じた災害廃棄物への対応に協会が協力することをうたった。同様の協定は筑豊では直方市、飯塚市に次いで3例目。【平山千里】

 今回の協定は、木くずやコンクリート塊、金属くずなど倒壊家屋から発生した災害廃棄物の撤去、収集・運搬、処分について、市の要…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです