メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書き損じはがき

世界の子ども支援、教育の機会を 鹿児島ユネスコ協会が募集 /鹿児島

 鹿児島ユネスコ協会は、戦争や貧困などで教育の機会に恵まれない海外の人たちを支援するため、書き損じはがきや未使用切手などを募集している。集まったはがきなどは換金され、現地で寺子屋の建設や教材購入費などに使われる。

 はがきは、1枚の切手の額から手数料(5円)を引いた額が募金額となる。昨年は全国で約108万枚(約5076万円)が集まり、今年度はカンボジア、アフガニスタン、ネパールで寺子屋を各1棟建設した。鹿児島ユネスコ協会には昨年度、全国1位…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです