メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進・希望

分裂必至 統一会派、衆院・岡田氏ら反対

希望の党役員会に臨む玉木雄一郎代表(右)と松沢成文参院議員団代表=国会内で16日、川田雅浩撮影

 民進党と希望の党は16日、幹部会合をそれぞれ開き統一会派結成に向けた党内手続きを進めた。両党内で異論が噴出しており、衆院の民進系会派「無所属の会」は同日夜、東京都内で会合を開き、希望との統一会派を17日の両院議員総会で決めることに反対することで一致。希望の玉木雄一郎代表は統一会派に反対している参院側に分党を正式に提案した。両党の分裂は必至の情勢で、統一会派は頓挫する可能性も出てきた。(5面に「どうする3野党」)

 民進は常任幹事会で、統一会派結成を17日の両院議員総会に諮ることを了承した。ただ、小川敏夫参院議員会長や福田昭夫幹事長代理(衆院議員)は「立憲民主党と先に会派を組むべきだ」と反発。福田氏は会合後「決定には従わない」と記者団に語り、統一会派への不参加を表明した。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  4. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

  5. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです