メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
水説

恩送りをつなげたい=中村秀明

 <sui-setsu>

 コーヒーを飲んだ後、懐に余裕のある人はレジで自らの代金を払い、さらにもう1杯分のお金を支払う。先払いされたコーヒーは、後になって店を訪れるであろう、お金に困っている誰かに無料で振る舞われる。

 「恩送りのカフェ」と呼ばれるこの習慣は、第二次大戦中のイタリア・ナポリで生まれたと言われる。小さな善意の連鎖によって人々の分断や孤立を防ぎ、地域社会の連帯を取り戻す活動だった。

 この発想にならい制作されたとみられる映画が2001年公開の「ペイ・フォワード」だ。世界を変えたいと…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文977文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです