連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

恩送りをつなげたい=中村秀明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 コーヒーを飲んだ後、懐に余裕のある人はレジで自らの代金を払い、さらにもう1杯分のお金を支払う。先払いされたコーヒーは、後になって店を訪れるであろう、お金に困っている誰かに無料で振る舞われる。

 「恩送りのカフェ」と呼ばれるこの習慣は、第二次大戦中のイタリア・ナポリで生まれたと言われる。小さな善意の連鎖によって人々の分断や孤立を防ぎ、地域社会の連帯を取り戻す活動だった。

 この発想にならい制作されたとみられる映画が2001年公開の「ペイ・フォワード」だ。世界を変えたいと願う少年が主人公だった。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文977文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集