メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北協議

北朝鮮の五輪参加 芸術団派遣、なお障壁 滞在費負担「制裁」抵触も

朝鮮労働党大会の祝賀公演を行う牡丹峰楽団=16年5月、大貫智子撮影

 【ソウル米村耕一】南北閣僚会談(9日)以降、北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加を巡る南北協議が相次いでいる。15日に140人の芸術団の訪韓が決まり、17日には選手団派遣の協議、20日にはスイスで国際オリンピック委員会(IOC)を交えた会合が予定される。大枠は順調だが、今後の火だねになりかねない問題も残っている。

 芸術団派遣協議で南北は15日、「韓国側が芸術団の安全と便宜を最大限、保障する」ことで合意した。滞在…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです