メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ゴッホとローカルファースト=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 このお正月、上野の東京都美術館で開催されたゴッホ展を見てきた。好きな画家を挙げよと言われれば、迷うことなくゴッホと答えるだろう。鮮明な色遣い、力強い輪郭、絵の具を混ぜずに置く筆のタッチ、単純化した構図、すべてがこれでもかと強い印象を与え、目をそらすことができないからだ。

 ゴッホの印象派としての作風は、実は日本の浮世絵に大きなインスピレーションを得ている。今回の展覧会では、浮世絵に触発されて描いたゴッホの作品40点とともに、その原作となった浮世絵を一緒に展示するという画期的な展示手法となっている。会場で両方を見ると、ゴッホの日本への憧れの強さを感じるとともに、浮世絵を…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです