メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ゴッホとローカルファースト=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 このお正月、上野の東京都美術館で開催されたゴッホ展を見てきた。好きな画家を挙げよと言われれば、迷うことなくゴッホと答えるだろう。鮮明な色遣い、力強い輪郭、絵の具を混ぜずに置く筆のタッチ、単純化した構図、すべてがこれでもかと強い印象を与え、目をそらすことができないからだ。

 ゴッホの印象派としての作風は、実は日本の浮世絵に大きなインスピレーションを得ている。今回の展覧会では、浮世絵に触発されて描いたゴッホの作品40点とともに、その原作となった浮世絵を一緒に展示するという画期的な展示手法となっている。会場で両方を見ると、ゴッホの日本への憧れの強さを感じるとともに、浮世絵を…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです