メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

若竹千佐子さん=「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞

若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)さん(63)

 芥川賞史上2番目の高齢受賞者となる。記者会見では「こないだ座骨神経痛になって足が痛く、まだまだ老いの大変さは知らないんだな……」と笑わせた。受賞作は昨秋、歴代最年長で「文芸賞」(河出書房新社主催)に輝いたデビュー作だ。

 書き出しは<あいやぁ、おらの頭(あだま)このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべが>。74歳の「桃子さん」は東北から上京して50年、都市近郊で暮らしてきた。夫を亡くした傷を負っている。

 自身は岩手県で臨時採用教員を経て見合い結婚、30歳で上京し1男1女に恵まれた。55歳で夫を亡くし、…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです