メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

若竹千佐子さん=「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞

若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)さん(63)

 芥川賞史上2番目の高齢受賞者となる。記者会見では「こないだ座骨神経痛になって足が痛く、まだまだ老いの大変さは知らないんだな……」と笑わせた。受賞作は昨秋、歴代最年長で「文芸賞」(河出書房新社主催)に輝いたデビュー作だ。

 書き出しは<あいやぁ、おらの頭(あだま)このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべが>。74歳の「桃子さん」は東北から上京して50年、都市近郊で暮らしてきた。夫を亡くした傷を負っている。

 自身は岩手県で臨時採用教員を経て見合い結婚、30歳で上京し1男1女に恵まれた。55歳で夫を亡くし、落ち込んだ時のこと。「私を励ますもう一人の私が岩手の方言だった。方言だと正直な私が表れた。私は孤独じゃないと思いました」

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワニ肉を使った給食登場 「つくねみたいな味」 大きな口開け、児童ペロリ 大阪

  2. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 「受け入れたいのに受け入れられない」 民間病院、コロナ患者対応に苦悩

  5. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです