メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 大学進学の格差 教育機会、より平等に=立教大学教授・湯沢直美

 高校進学率が100%に迫り、1970年代半ば以降生まれの世代では大学進学率がほぼ50%で推移している。今後も維持されるだろうこのような現実を、社会学者の吉川徹氏は「学歴分断社会」と名付け、大卒層と非大卒層の間に「ガラスの天井」があるという。

 高校卒業後の予定進路を親の年収別にみた調査では、4年制大学への進学予定者の割合は年収が高いほど高くなる一方、専門学校への進学予定者は年収が低いほど高くなる傾向にあるという調査結果もある。

 大学等への進学機会の格差がより顕著に表れている現実もある。何らかの事情により家庭で暮らせない子ども…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです