メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

母亡くし23年 私が語り継ぐ 「東日本」応援が転機

見学者に施設を案内する秋末珠実さん=神戸市中央区の人と防災未来センターで

 阪神大震災の発生から17日で23年。「あの日」に人生を狂わされた被災地の人たちは、冬を迎える度に心を乱される。愛する人を失った悲しみ、消えぬ思い出、救えなかった悔しさ……。当時の様子を知らない世代が増え、震災の風化が懸念される中、長い月日を経て、新たに語り始める遺族らもいる。

 阪神大震災での母の死に、自責の念を抱き続けた女性がいる。兵庫県明石市職員の保健師、秋末珠実さん(45)=同市。遺族として気を使われることを恐れ、長年、自らの体験を胸に隠していた。そんな心をほぐしてくれたのは、東日本大震災の被災者の言葉。3年前からは語り部活動も始めた。「突然、当たり前の日常が奪われることもある。人生を無駄にせず、自分にできることを精いっぱいやることが未来につながる」。今年も母の命日を迎えた。

 阪神大震災の発生時、看護学校生だった秋末さんは、神戸市中央区の自宅で就寝中に被災。司法書士だった母…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです