米国

バノン氏に召喚状…特別検察官、大陪審で「証言を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着の疑惑「ロシアゲート」で、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は16日、捜査にあたるモラー特別検察官がバノン前首席戦略官に連邦大陪審で証言を求める召喚状を出したと報じた。バノン氏は政権の暴露本への関与を巡り、トランプ氏との決裂が伝えられている。

 大陪審は連邦法違反の刑事事件で、容疑者起訴の可否を判断する。検察の提出した証拠に基づき、容疑者や被告発人の犯罪の有無を非公開で審理。証人に宣誓証言させたり証拠を提出させたりする強力な権限を持つ。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文552文字)

あわせて読みたい

注目の特集