メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

鎮魂と記憶の継承願い 各地で祈り

阪神大震災から23年。竹灯ろうの火で浮かび上がった1.17の文字を囲み雨の中、発生時刻に黙とうする大勢の人たち=神戸市中央区で2018年1月17日午前5時46分、貝塚太一撮影

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨の中、多くの人々の人生を一瞬で変えた午前5時46分、各地で追悼行事が営まれ、静かな祈りがささげられた。被災者の高齢化が進み、震災の風化を懸念する声もある。だが、市民団体の調査では、今年の17日前後に防災教育や避難訓練をする学校・幼稚園は1170校。震災20年(2015年)を境に減少していたが、増加に転じた。次の世代へ「阪神」の教訓をつなぎ、生かす取り組みは続いている。

 神戸市中央区の東遊園地では市民団体などによる「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれた。公募で決…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです