メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

鎮魂と記憶の継承願い 各地で祈り

阪神大震災から23年。竹灯ろうの火で浮かび上がった1.17の文字を囲み雨の中、発生時刻に黙とうする大勢の人たち=神戸市中央区で2018年1月17日午前5時46分、貝塚太一撮影

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨の中、多くの人々の人生を一瞬で変えた午前5時46分、各地で追悼行事が営まれ、静かな祈りがささげられた。被災者の高齢化が進み、震災の風化を懸念する声もある。だが、市民団体の調査では、今年の17日前後に防災教育や避難訓練をする学校・幼稚園は1170校。震災20年(2015年)を境に減少していたが、増加に転じた。次の世代へ「阪神」の教訓をつなぎ、生かす取り組みは続いている。

 神戸市中央区の東遊園地では市民団体などによる「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれた。公募で決…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです