メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

今も心に 5歳で失った娘へ思い綴る

発生時刻で止まったままの時計の前で黙とうする人たち=兵庫県西宮市で2018年1月17日午前5時46分、平川義之撮影

 阪神大震災から23年。被災地は昨晩から続く冷たい雨の中、朝を迎えた。遺族らは「あの日」のことを今も昨日のことのように思い返し、故人との果たせなかった約束を忘れることができないでいる。各地の追悼会場では、今年も大切な人をしのびながら、祈りをささげる姿がみられた。

 「ごめんね。天国で元気でいますか。妹を見守ってあげてね」

 阪神大震災で長女希(のぞみ)さん(当時5歳)を亡くした小西真希子さん(58)=神戸市灘区=は17日朝、東遊園地(同市中央区)で「あの日」を思い、静かに手を合わせた。これまで被災体験を手記集に綴(つづ)ることで、「多くの人に希は命の大切さを教え続けている」と感じてきた。消えぬ親心、守ってあげられなかった後悔。23年がたち、「28歳」になった娘と、これからも一緒に年を重ねていく。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです