メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

「焼け野原」最後の追悼 41人が犠牲

神戸市長田区の野田北部自治連合会が開いた最後の追悼式で、ろうそくに灯をともして犠牲者の冥福を祈る近隣住民たち=神戸市長田区の大国公園で2018年1月17日午前5時26分、黒川優撮影

 ほぼ全域が焼け野原となり、住民41人が死亡した神戸市長田区の野田北部地区。地元の大国公園で17日、野田北部自治連合会による追悼集会があった。地域の高齢化などによって、自治連合会主催の集会は今年で最後となる中、近隣住民ら約140人が追悼のろうそくを手向けた。

 自治連合会側は式開催を別の団体に引き継ぎたい意向だが、見通しが立たない…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです