メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北米自動車ショー

AI、快適空間…日欧セダンテコ入れ

トヨタ自動車の高級セダン「アバロン」の新モデル=米デトロイトで2018年1月15日、清水憲司撮影

 【デトロイト清水憲司】米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車やホンダ、フォルクスワーゲン(VW)など日欧メーカーが、セダンの新モデルを次々に発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)などの人気に押されて苦戦の続く販売をテコ入れするのが狙いだ。

 トヨタは今春発売する高級セダンの「アバロン」の新型車を展示。目玉は同社として初めて米アマゾン・コムの音声人工知能(AI)「アレクサ」に対応したこと。音声で車のドアのロックやオーディオ操作などが可能なほか、対応機器なら車内から自宅のガレージやエアコンも操作できる。音響も充実させており、トヨタ…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです