メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞

石井さんと若竹さんの2人に 直木賞は門井さん

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に石井遊佳(ゆうか)さん(54)の「百年泥」(「新潮」11月号)と、若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(「文芸」冬号)が、直木賞に門井慶喜さん(46)の「銀河鉄道の父」(講談社)が選ばれた。石井さんと若竹さんは初めての候補での、門井さんは3回目の候補での受賞となった。

 石井さんは大阪府枚方市生まれ。東京大大学院で仏教を学んだ。現在はインド南部チェンナイ在住で、現地の…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです