メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬払戻金脱税

元市課長が初公判で無罪主張

 競馬の払戻金を申告せず、約6200万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた大阪府寝屋川市の元課長(47)=休職中=の初公判が16日、大阪地裁(村越一浩裁判長)であった。弁護側は「馬券の払戻金による所得で刑事罰まで科すのは著しく不公平」などと公判を打ち切る公訴棄却を求め、無罪を主張した。

 起訴状などによると、元課長は2012年と14年、日本中央競馬会が指定する5レース全てで1着を当てる「…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです