神戸の病院

iPS細胞移植で合併症 除去手術

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 他人由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を目の病気の治療に使えるかを移植手術で調べる世界初の臨床研究で、理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などの研究チームは16日、男性患者の一人に網膜が腫れる合併症が起こったため、原因とみられる部位の除去手術を行ったと発表した。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「重症ではなく、臨床研究に影響はないが、移植手術の方法に改良の余地がある」と話し、この患者を含め今後も臨床研究を継続させるとした。

 合併症が起きたのは、網膜細胞の異常によって視力が落ちる「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」の70代の男性患者。昨年6月にiPS細胞から作られた網膜細胞の移植を受け、約4カ月後の昨年10月、網膜が腫れる症状が表れた。網膜にできた薄い膜が腫れを引き起こしたとみられ、今月15日、膜を除去する手術を行った。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文957文字)

あわせて読みたい

注目の特集