メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸の病院

iPS細胞移植で合併症 除去手術

 他人由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を目の病気の治療に使えるかを移植手術で調べる世界初の臨床研究で、理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などの研究チームは16日、男性患者の一人に網膜が腫れる合併症が起こったため、原因とみられる部位の除去手術を行ったと発表した。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「重症ではなく、臨床研究に影響はないが、移植手術の方法に改良の余地がある」と話し、この患者を含め今後も臨床研究を継続させるとした。

 合併症が起きたのは、網膜細胞の異常によって視力が落ちる「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」の…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです