メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知の研究所

脂肪か炭水化物か選ぶ神経細胞は視床下部に

絶食マウス、炭水化物好む 空腹のストレス影響

 脂肪と炭水化物のどちらを選んで食べるかを決める脳神経細胞が、本能をつかさどる視床下部にあることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の研究グループが、マウスを使った研究でつきとめた。17日、米科学雑誌「セル・リポーツ」電子版に掲載された。

 研究所の箕越靖彦教授(神経内分泌学)らのグループが発表した。

 研究は、脂肪または炭水化物を多く含む2種の餌を自由に選べる装置にマウスを入れて実験。24時間絶食させた後のマウスの食事を、通常時と比べた。絶食後の方が、炭水化物の摂取量が増え、脂肪の摂取量は減った。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです