メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツの政治教育

/下 ナチスの戦争犯罪、入国した難民との対話 校外で学ぶ

首都中心部にある「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。地上部分は四角いコンクリート製の石碑群で、観光客らが訪れる=ドイツ・ベルリン市で2017年11月17日、中村美奈子撮影

「虐殺はドイツ史の中心に」 国会議事堂近くにユダヤ人犠牲者記念碑建設

 ドイツの首都ベルリンの中心部。国会議事堂近くに、ナチスによって欧州で殺害されたユダヤ人約600万人を追悼する施設「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」がある。

 広大な敷地に四角いコンクリート製の石碑2711基が整然と並ぶ。高さはひざ丈ほどのものから、背の高さを超える壁のようなものまであり、最高4.7メートル。石碑の底面積は、幅約1メートル×長さ約2.4メートルに統一され、それぞれ1メートルほど間隔をあけて約1万9000平方メートルの敷地に並ぶ。訪問者はこの広場を自由に歩く。門や柵はなく、24時間誰でも入ることができ、観光客も訪れる。

 広場の中心に向かって歩を進めるにつれて石碑の高さが徐々に高くなる。左右の石碑はやがて目の高さを超え…

この記事は有料記事です。

残り3244文字(全文3603文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです