メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツの政治教育

/下 ナチスの戦争犯罪、入国した難民との対話 校外で学ぶ

首都中心部にある「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。地上部分は四角いコンクリート製の石碑群で、観光客らが訪れる=ドイツ・ベルリン市で2017年11月17日、中村美奈子撮影

「虐殺はドイツ史の中心に」 国会議事堂近くにユダヤ人犠牲者記念碑建設

 ドイツの首都ベルリンの中心部。国会議事堂近くに、ナチスによって欧州で殺害されたユダヤ人約600万人を追悼する施設「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」がある。

 広大な敷地に四角いコンクリート製の石碑2711基が整然と並ぶ。高さはひざ丈ほどのものから、背の高さを超える壁のようなものまであり、最高4.7メートル。石碑の底面積は、幅約1メートル×長さ約2.4メートルに統一され、それぞれ1メートルほど間隔をあけて約1万9000平方メートルの敷地に並ぶ。訪問者はこの広場を自由に歩く。門や柵はなく、24時間誰でも入ることができ、観光客も訪れる。

 広場の中心に向かって歩を進めるにつれて石碑の高さが徐々に高くなる。左右の石碑はやがて目の高さを超え…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです