メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツの政治教育

/下 ナチスの戦争犯罪、入国した難民との対話 校外で学ぶ

首都中心部にある「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。地上部分は四角いコンクリート製の石碑群で、観光客らが訪れる=ドイツ・ベルリン市で2017年11月17日、中村美奈子撮影

「虐殺はドイツ史の中心に」 国会議事堂近くにユダヤ人犠牲者記念碑建設

 ドイツの首都ベルリンの中心部。国会議事堂近くに、ナチスによって欧州で殺害されたユダヤ人約600万人を追悼する施設「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」がある。

 広大な敷地に四角いコンクリート製の石碑2711基が整然と並ぶ。高さはひざ丈ほどのものから、背の高さを超える壁のようなものまであり、最高4.7メートル。石碑の底面積は、幅約1メートル×長さ約2.4メートルに統一され、それぞれ1メートルほど間隔をあけて約1万9000平方メートルの敷地に並ぶ。訪問者はこの広場を自由に歩く。門や柵はなく、24時間誰でも入ることができ、観光客も訪れる。

 広場の中心に向かって歩を進めるにつれて石碑の高さが徐々に高くなる。左右の石碑はやがて目の高さを超え、視界がさえぎられるようになる。夜は照明がなく真っ暗で、足の裏の感覚が頼り。石碑が建つ地面は緩やかな起伏が付けられており、歩くと波打っているのが分かる。石碑に囲まれて自分がどこにいるのか、いつこの迷路から出られるのか分からず、広場の端に出るまで不安になった。

この記事は有料記事です。

残り3115文字(全文3603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです