メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「世界花小栗判官」 菊之助、鮮やかに=評・小玉祥子

 小栗判官物。趣向の多い楽しい通し上演になった。尾上菊五郎監修、国立劇場文芸研究会補綴(ほてつ)。

 滅ぼされた新田家の血を引き、天下を狙う風間八郎(菊五郎)は足利家の重宝である轡(くつわ)と剣を小栗郡領(楽善)、横山大膳(團蔵)を殺害して手に入れる。郡領の息子、小栗判官(菊之助)は、執権、細川政元(時蔵)に願い出て、宝探しと敵討ちの旅に出る。

 流浪する判官と婚約者照手姫(尾上右近)を軸にした人間模様が四季の風景の中に展開される。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです