メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「世界花小栗判官」 菊之助、鮮やかに=評・小玉祥子

 小栗判官物。趣向の多い楽しい通し上演になった。尾上菊五郎監修、国立劇場文芸研究会補綴(ほてつ)。

 滅ぼされた新田家の血を引き、天下を狙う風間八郎(菊五郎)は足利家の重宝である轡(くつわ)と剣を小栗郡領(楽善)、横山大膳(團蔵)を殺害して手に入れる。郡領の息子、小栗判官(菊之助)は、執権、細川政元(時蔵)に願い出て、宝探しと敵討ちの旅に出る。

 流浪する判官と婚約者照手姫(尾上右近)を軸にした人間模様が四季の風景の中に展開される。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです