メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中谷美紀

三島の“詩”心に届ける ルヴォー演出「黒蜥蜴」主演

舞台「黒蜥蜴」主演の中谷美紀=大阪市北区で、望月亮一撮影

 江戸川乱歩の小説を三島由紀夫が戯曲化した「黒蜥蜴(とかげ)」に、世界的に活躍する英国人演出家、デヴィッド・ルヴォーが新たな命を吹き込んだ。名探偵・明智小五郎を翻弄(ほんろう)する女盗賊“黒蜥蜴”の物語。美輪明宏ら名だたる名優が演じてきた黒蜥蜴役を中谷美紀が演じている。

 「最初は恐れの気持ちの方が大きかったのですが、戯曲を読めば読むほど、三島さんの書かれた詩的なせりふにひかれていきました。ただ、その詩的な言葉を記憶するだけではなく、お客様の心に届く生きたせりふにしないといけません。言葉にからめ捕られ、沈んでしまわないようにするのが、とても難しい」

 宝石商の娘の誘拐をもくろむ黒蜥蜴と、警護に雇われた明智(井上芳雄)。美と犯罪にロマンを感じる2人は、敵対しつつも互いに魅了されていく。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです