メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

国レベル議論を 尾辻衆院議員、差別解消法制化に意欲

LGBTなどについて語る尾辻かな子・衆院議員=大阪市東住吉区で、加古信志撮影

 性的少数者(LGBTなど)の権利保障に取り組む立憲民主党の尾辻かな子衆院議員(43)=比例代表近畿ブロック=は、昨年10月の衆院選で4年ぶりに国政に復帰した。大阪府議だった2005年、議員で初めて同性愛者と公表し、短期間ながら参院議員も務めた。「多様性こそ社会の変革の力になる」と訴え国レベルで議論を進めたいと考えている。

 尾辻氏は奈良県生まれ。10代後半に女性が好きかもしれないと気付いたが、受け入れるのに5年近くかかっ…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1069文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]