メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

国レベル議論を 尾辻衆院議員、差別解消法制化に意欲

LGBTなどについて語る尾辻かな子・衆院議員=大阪市東住吉区で、加古信志撮影

 性的少数者(LGBTなど)の権利保障に取り組む立憲民主党の尾辻かな子衆院議員(43)=比例代表近畿ブロック=は、昨年10月の衆院選で4年ぶりに国政に復帰した。大阪府議だった2005年、議員で初めて同性愛者と公表し、短期間ながら参院議員も務めた。「多様性こそ社会の変革の力になる」と訴え国レベルで議論を進めたいと考えている。

 尾辻氏は奈良県生まれ。10代後半に女性が好きかもしれないと気付いたが、受け入れるのに5年近くかかっ…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです