連載

揺れる鉄路

毎日新聞デジタルの「揺れる鉄路」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

連載 揺れる鉄路

「問題解決の年に」 年頭会見でJR社長 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨むJR北海道の島田修社長(左)=札幌市中央区で
記者会見に臨むJR北海道の島田修社長(左)=札幌市中央区で

 JR北海道の島田修社長は17日、今年初めての記者会見を開き「今年は問題提起から問題解決の年にしたい」と述べ、維持困難線区や新幹線札幌駅ホーム建設位置など、山積する課題の早期解決に取り組む決意を示した。【日下部元美】

 ■3者協議加速

 島田社長は路線見直し問題で、自治体が設備を保有しJRが運行を担当する「上下分離」方式について、「線区を維持する仕組みとして有効だが、こだわるものではない」と強調。「莫大(ばくだい)なコストがかかりながら通学利用が中心の地方鉄道路線を、人口減少を見据えてどう再構築するのか、北海道方式の解決策を相談したい」と述べた。また島田社長は「(無利子貸し付けなど)一時的な延命策ではなく、本質的な問題解決を先送りしてはいけない」と抜本的な解決を訴えた。

 路線見直し問題についてはJRと国、道が初の3者協議を今月12日、東京都内で開き、国と道が「夏ごろには(支援について)大まかな方向性をまとめたい」との意向を表明したばかり。3者による議論が今後、加速するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文876文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集