メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ対策

増員を カウンセラー予算要望 仙台教育会議 /宮城

 仙台市総合教育会議が17日、同市役所で開かれた。参加者からはいじめ対策として、スクールカウンセラー(SC)やスクールソーシャルワーカー(SSW)の増員に関連する経費を、新年度予算に計上するよう求める声が上がった。

 会議には、郡和子市長や教育委員らが出席。いじめや体罰の防止策を検証する「いじめ対策等検証専門家会議」が15日に提出した第1次提言を踏まえて協議した。

 委員らは、いじめを受けた子どもたちの相談窓口として、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用するよう要望したほか、SCやSSWの拡充も訴えた。その一方で「SCも万能ではない」「人数も質も追いかけるとゆがみが生じやすい」との意見も出た。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです