メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会いたい・聞かせて

社交ダンス「Rosy」・早乙女和宏さん、横井まりねさん /栃木

早乙女和宏さん、横井まりねさん

若者が集える場所に 早乙女和宏さん(33)、横井まりねさん(28)

 1996年に公開された映画「Shall we ダンス?」が話題となり、当時人気が急上昇した社交ダンスが、テレビ番組などの影響もあり再びブームになっている。中高年の愛好者が多い中、宇都宮市内には若者が集うヤングダンスサークル「Rosy」もある。ともに講師を務めるプロダンサー、早乙女和宏さん(33)と横井まりねさん(28)に思いを聞いた。【野口麗子】

 --なぜ若者向けの社交ダンスサークルを運営しているのですか。

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1419文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです