メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

悲しみに寄り添う雨

阪神大震災の犠牲者を悼み、手を合わせる女性=神戸市中央区の東遊園地で2018年1月17日午後6時33分、平川義之撮影

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨が被災地をぬらす中、追悼式典や防災イベントが夜まで続いた。東日本大震災などの被災者も参加し、犠牲者を悼むと共に被災地の絆を胸に刻み、災害への備えを誓った。

 神戸市東部の副都心「HAT神戸」であった追悼行事には、約50人が参加し黙…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです