メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北協議

韓国、際立つ融和路線 五輪南北合同チーム、国内に反発も

トリノ五輪開会式で統一旗を先頭に入場行進する韓国と北朝鮮の選手団=2006年2月、石井諭撮影

 【ソウル米村耕一】韓国と北朝鮮は17日開かれた次官級の実務者協議で、平昌冬季五輪開会式での合同入場行進や合同チーム結成などで合意し、融和ムードを加速した。ただ、いずれも韓国内に否定的な世論が少なくない案件で、北朝鮮に対する韓国側の配慮が際立つ展開となっている。

 協議に先立つ17日朝、趙明均(チョミョンギュン)統一相は協議に出席する統一省幹部らに向かって「南北関係改善の端緒を作り出すことで、非核化につながるきっかけをも生み出そうという初心を胸に刻みながら会談に臨んでほしい」と語りかけた。韓国政府には、南北対話を順調に進めたうえで、将来的には北朝鮮が反発する非核化に関する対話…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです