メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

菅田将暉さん=毎日映画コンクールで男優主演賞

 寺山修司の小説を映画化した「あゝ、荒野」で、ボクシングに打ち込む若者を演じ、青春の輝きを表した。「岸(善幸)監督と、互いの代表作にしようと話したので受賞は本当にうれしい」と語った。

 映画の舞台は2021年の東京・新宿。主人公、新次は父を亡くし、母に捨てられた孤児で、少年院から出た後にボクシングと出合う。「新次が全てを失ったところが始まり。人への怒りでしか命を感じられなかった新次が変わっていき、パンチを違うことに使う姿に共感できた」

 拳闘シーンが多く、選考会でも「肉体的な表現が素晴らしい」と評価された。「ボクサーの体や動きはボクシングを通じてしか身につかない。半年間、ジムに通ってひたすら練習した」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです