メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

大賞に「花筐/HANAGATAMI」

日本映画大賞を受賞した「花筐/HANAGATAMI」の1シーン

 第72回毎日映画コンクールの各受賞作、受賞者が発表された。日本映画大賞は「花筐/HANAGATAMI」、日本映画優秀賞は「あゝ、荒野」に決定。日本映画界をけん引してきたベテラン監督と映画2作目の新人監督が、共に現代社会へ熱いメッセージを投げ掛けた2作が受賞した。【木村光則】

 「花筐」は、大林宣彦監督(80)の最新作。大林監督が「HOUSE」で商業映画デビューする前から温めていた企画で、檀一雄の小説が原作だ。

 第二次大戦勃発直前の佐賀・唐津を舞台に、若者たちの青春のはかなさが描かれる。戦争の足音が聞こえる時代背景を現代と重ね合わせ、選考会では「実験性と時代へのメッセージを併せ持った作品」と評価された。同作では、竹内公一さんが美術賞を受賞。大林監督は「ずっと個人の映画作家として映画を撮ってきた。その40年の歴史を含めて評価していただいた受賞だと思っている」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り1612文字(全文1999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです