メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/7止 人を幸せにしたい 「V・ファーレン長崎」社長 高田明さん(69)

「2018年はもっともっと上を目指して」と手を掲げる高田明さん=竹内紀臣撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --通販大手「ジャパネットたかた」の経営から退いた後、サッカーJ2で経営危機に直面していた「V・ファーレン長崎」運営会社の社長に就任したのが昨年4月。それから7カ月でJ1昇格決定。サポーターと一緒に目指してきた「ゼイワン」が現実になりましたね。

 ◆長崎の平戸なまりでしてね。ゼイワンかジェイワンか今もよく分からないんです。V・ファーレンはふたを開けてみたら3億円以上の累積赤字。売り上げ規模からすると、もう潰れるくらいの額でした。長崎を元気にしなきゃいけないのに。それでジャパネットがグループ会社にした。僕はもう完璧に離れていましたが、サッカークラブを手伝ってくれないかと、ご縁をもらって社長になりました。

 「どうして急に強くなったの」って、よく聞かれます。僕が試合に出てフォワードをやったわけじゃないんで…

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2171文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです