メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

スパコン超える「量子型」 創薬への応用期待、大型化に課題

 「スーパーコンピューターの限界をはるかに超える」とされる量子コンピューターの研究が世界で加速している。さまざまな産業への応用が期待されるが、本当の実用化には数多くのハードルがある。どんなコンピューターなのか、最新研究と課題を取材した。【酒造唯】

 ●渋滞解消の鍵

 「タクシーが北京中心部から空港へ一斉に向かう際、渋滞に巻き込まれない最短ルートは?」--。ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンは昨年、中国を舞台にした研究で、1万台のうち418台について渋滞を回避できる快適なルートを導き出したと発表した。計算したのは、カナダ企業が世界で初めて商品化した量子コンピューター「Dウエーブ」。従来は30分かかった計算を数秒でこなした。

 量子コンピューターは、条件が少し増えるだけで計算量が爆発的に増える「組み合わせ最適化」という問題の…

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです