連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

スパコン超える「量子型」 創薬への応用期待、大型化に課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「スーパーコンピューターの限界をはるかに超える」とされる量子コンピューターの研究が世界で加速している。さまざまな産業への応用が期待されるが、本当の実用化には数多くのハードルがある。どんなコンピューターなのか、最新研究と課題を取材した。【酒造唯】

 ●渋滞解消の鍵

 「タクシーが北京中心部から空港へ一斉に向かう際、渋滞に巻き込まれない最短ルートは?」--。ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンは昨年、中国を舞台にした研究で、1万台のうち418台について渋滞を回避できる快適なルートを導き出したと発表した。計算したのは、カナダ企業が世界で初めて商品化した量子コンピューター「Dウエーブ」。従来は30分かかった計算を数秒でこなした。

 量子コンピューターは、条件が少し増えるだけで計算量が爆発的に増える「組み合わせ最適化」という問題の処理が得意とされる。例えば、営業マンが複数の都市を1回ずつ訪れ、できるだけ速く最初の都市に戻るコースを計算する場合、逆回りも同じとするとコースは4都市で3通り、5都市で12通りと増え、30都市なら10の30乗通り以上になる。このうち、どれが最短かを割り出すには全コースを比較する計算が必要だ。スパコン…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1757文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集