メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

時がほぐした覚悟 母亡くし父・兄と別れ

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨の中、多くの人々の人生を一瞬で変えた午前5時46分、各地で追悼行事が営まれ、静かな祈りがささげられた。被災者の高齢化が進み、震災の風化を懸念する声もある。だが、市民団体の調査では、今年の17日前後に防災教育や避難訓練をする学校・幼稚園は1170校。震災20年(2015年)を境に減少していたが、増加に転じた。

 神戸市中央区の東遊園地では市民団体などによる「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれた。公募で決…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです