メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

これ全部、ふるさと納税でもらえるんです[ふるさと納税お礼品人気ランキング2017](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

近年、お礼品の話題性もあいまって幅広く浸透しつつある「ふるさと納税」。2018年分の受付も早速始まっていますが、現住所や本籍地に限らずどの自治体にも寄付できるとあって、どこから選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)より、2017年のふるさと納税お礼品人気ランキングが発表されたので、ぜひ参考にしてみましょう!

[関連記事]
まだ間に合う!! いまさら聞けない「ふるさと納税」――仕組み/メリット/おすすめ

 

2017年のふるさと納税お礼品人気ランキング《総合》

1位:佐賀牛 切り落とし 1kg(佐賀県嬉野市/寄付額1万円)

20180115_y-koba5 (1)

 

2位:【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ(北海道八雲町/寄付額1万円)

20180115_y-koba5 (4)

 

3位:特選 いくら醤油漬け 500g(北海道森町/寄付額1万円)

20180115_y-koba5 (3)

 

4位:【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ 10個(佐賀県唐津市/寄付額1万円)

5位:特盛り九州産豚切り落とし 4kg(福岡県上毛町/寄付額1万円)

6位:新潟県奥阿賀産こしひかり 10kg(新潟県阿賀町/寄付額1万円)

7位:佐賀牛A5~A4特選切り落とし 1.1kg(佐賀県唐津市/寄付額1万円)

8位:国産うなぎ蒲焼 2尾セット(静岡県吉田町/寄付額1万円)

9位:国産うなぎ蒲焼(大サイズ) 5本セット(和歌山県湯浅町/寄付額2万円)

10位:創業72年老舗の佐賀牛切り落とし1.2kg/寄付額1万円

 

ランキングを見てわかるとおり、グルメ系のお礼品が上位を独占。1位の「佐賀牛 切り落とし 1kg」と2位の「【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ」は、2015年より3年連続で本ランキングの上位3位以内にランクインしています。

 

また、近年ではモノ以外の“体験型お礼品”が増加しているそう。こちらのランキングでは、1位のバイキングプラン(千葉県勝浦市/寄付額5万円)や2位の嬉野温泉宿泊券ペア1泊2食(竹コース)(佐賀県嬉野市/寄付額6万円)をはじめ、上位5つのお礼品のうち4件が宿泊券付きという結果に。

 

ちなみに、ふるさと納税は寄付金の使い道も自分の意思で決めることができますが、2017年に最も多くの寄付が集まった使い道は、佐賀県嬉野市の「“わくわく”子どもを育むまちづくり」でした。寄付金の一部は、「嬉野市子ども学校塾」の運営などに充てられるとのこと。

 

ふるさと納税は手続きが面倒、という印象を抱きがちですが、条件を満たせば確定申告不要で控除が受けられる「ワンストップ特例制度(※)」が運用開始されるなど、始めるハードルはグッと低くなっています。人気のお礼品は早々に“在庫切れ”となってしまうこともあるそうなので、気になるものがあった方は早めにチェックしてみてくださいね。

※2:ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みのこと。ふるさと納税に関する寄付金控除以外に確定申告をする必要がなく、ふるさと納税による寄付先自治体が1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます

【関連記事】
イタリア人に言われて初めて認識! 日本人がよく言う「話し始めの“あ”」って何?
空港での客人を出迎えるときに知っておきたい英語フレーズ
頭をやわらか~くして2018年も本格始動!! 「脳トレクイズ5問」その6
乾燥を抑えて目にうるおい! JINSの「花粉CUT」メガネが保湿機能付きにパワーアップ
「捨てる」を無理せずスッキリが続く!リビング&ダイニングを断捨離する方法

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです