メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田元首相

SPゼロにぼやき「ドア開閉の人いない」

「新年の集い」に集まった(左から)舟山康江参院議員、近藤洋介前衆院議員、野田佳彦前首相=山形県米沢市金池2のグランドホクヨウで2018年1月14日午後4時5分、野間口陽撮影

 山形県内で14日に開かれた政治集会で、ゲストの野田佳彦前首相が自身の身辺警護をネタに聴衆の笑いをとった。財務相時代から警視庁警備部のSP(セキュリティー・ポリス)が張り付いていたが、昨秋の総選挙を機に固辞。約7年ぶりの「自由の身」を喜びつつも、「ドアの開け閉めをしてくれる人がいなくなった」とぼやいて見せた。

 野田氏を「兄貴」と慕う前民進党衆院議員、近藤洋介氏の「新春の集い」での一コマ。現職閣僚、首相経験者、野党党首らはSPの警護を受けることができ、地方では地元警察の警護要員も加わる。現職首相などは基本的に断れない。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです