メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中国に「巨額罰金」知的財産権巡り、トランプ氏言及

 【デトロイト清水憲司】トランプ米大統領は17日、ロイター通信のインタビューで、中国による知的財産権侵害や米企業への技術供与の強要に対する制裁措置として巨額の「罰金」を科すと語った。近く発表するという。実際に発動すれば、中国との間で深刻な貿易摩擦に発展する可能性が高い。

 トランプ氏は20日に就任1年となり、30日に今年の政策方針を示す一般教書演説を予定する。政権が2年目に入るタイミングで、目立った成果のない通商問題で強硬姿勢を示す狙いがありそうだ。16日の中国の習近平国家主席との電話協議では、対中貿易赤字の増加に「落胆した」と伝えるなど、「貿易不均衡の原因は中国側にある…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです