米国

パレスチナ支援を凍結 国連機関「難民の尊厳危機」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【エルサレム高橋宗男】トランプ米政権は16日、2018年の国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する拠出金1億2500万ドル(約138億円)のうち、半額以上の6500万ドル(約72億円)の支払いを凍結した。UNRWA予算の約3割は米国からの支援で、教育や保健、食料支援などへの影響が懸念される。

 UNRWAのクレヘンビュール事務局長は17日に声明を出し、「パレスチナ難民数百万人の尊厳、人間の安全保障が危機にひんしている」と訴えた。また、拠出凍結が人々の過激化を助長し、地域を不安定化させる可能性を示唆した。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文494文字)

あわせて読みたい

ニュース特集