水抜き

「またハスの花咲くかな」神奈川・大磯のため池

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大部分の水が抜かれた「東の池」で外来生物の捕獲などが行われた=神奈川県大磯町生沢で2018年1月17日、渡辺明博撮影
大部分の水が抜かれた「東の池」で外来生物の捕獲などが行われた=神奈川県大磯町生沢で2018年1月17日、渡辺明博撮影

 3年前から水面を覆っていたハスの花が咲かなくなった神奈川県大磯町生沢のため池「東の池」で、水質改善などを目的に池の水を抜く「かいぼり」が行われ、町職員らが17日、大部分の水が抜かれた池で水質検査や外来生物の調査と駆除をした。

 東の池は広さ約4000平方メートルで、江戸時代に農業用水確保のために造られた。かつては初夏に池一面にハスの花が咲き、多くの見物客が訪れていた。しかし、3年前から花が咲かなくなり、昨年は水面に見えていたハスの葉もほとんど消えてしまった。この異変に農家などから水質の変化を心配する声が出ていたと…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

あわせて読みたい

注目の特集