がん光免疫療法

米FDAが「審査迅速化」指定 開発促進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
がん光治療治験の仕組み
がん光治療治験の仕組み

 日本での治験(臨床試験)開始が決まった「がん光免疫療法」の実用化に取り組む米製薬ベンチャー「アスピリアン・セラピューティクス社」は16日、同療法について米食品医薬品局(FDA)が審査を迅速に進める「ファストトラック(Fast Track)」に指定されたと発表した。

 ファストトラック制度は、重い病気や他に有効な治療法がない病気に対する治療法を対象に、患者へ早く新たな治療を届けるために開発を促進し、審査の迅速化を図る。既存薬がない場合に加え、既存薬の有効性や安全性を上回ると期待される場合に指定される。指定されるとFDAと協議したり助言を受けたり…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集