メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

粒子線治療の保険適用拡大 前立腺と頭頸部のがん

 厚生労働省は17日、がん粒子線治療について、4月から前立腺がんや頭頸(とうけい)部のがんの一部に公的医療保険を適用する方針を決めた。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会で同日、了承された。現在は自費だけで300万円前後かかっているが、保険適用で患者の自己負担が軽くなる。

 粒子線治療は水素の原子核である陽子や、より重い炭素の原子核である重粒子を加速器でビームにし、がん…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです