メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フグ肝販売

スーパー捜索、実態解明へ 愛知県警

愛知県蒲郡市のスーパーで売られていたフグのパック。右上が肝臓=愛知県提供

 愛知県蒲郡市形原町の「スーパータツヤ」で、販売が禁じられている肝臓を含んだヨリトフグの切り身が売られていた問題で、県警は16日夜、食品衛生法違反容疑で同店を捜索した。今後、経営者らから事情を聴くなどして実態解明を進める。

 県警蒲郡署などによると、切り身の流通経緯などを詳しく調べるため、捜査員が16日夜に店内などを捜索した。経営者は取材に「長年、肝も売っていた」と話している。

 問題は15日午後、購入者から保健所に「フグのパックに肝臓が入っているのではないか」と連絡があって発覚した。県は同日、回収命令を出し、16日に立ち入り調査した。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  2. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  3. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  4. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです