北里大病院

医師に違法残業 就業規則で勤務時間定めず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北里大学病院(相模原市)が医師の勤務時間を就業規則で定めず違法な残業をさせていたとして、相模原労働基準監督署(同)から是正勧告を受けた。同病院が17日、毎日新聞の取材に認めた。医師の勤務時間のルールを定めていなかった理由について、同病院は「現時点では答えられない」とした上で「(今後は)医師にも適正な管理を行う」と説明している。勧告は昨年12月27日付。

 同病院人事課によると、勧告では医師に関する勤務時間の規則を定めていないことなどを指摘された。職員向け勤務時間の管理規定では「所定労働時間は週38時間」「残業には責任者の承認が必要」などと定めているが、医師には規定を適用せず、休日や勤務時間のルールを定めていなかったという。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文502文字)

あわせて読みたい

ニュース特集