メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎暴走6人死傷

てんかん最大争点に 19日判決

 宮崎市で2015年10月、てんかん発作を起こして軽乗用車で歩道を暴走し6人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた鹿児島県日置市、無職、川内実次被告(75)の判決公判が19日、宮崎地裁(岡崎忠之裁判長)である。事故原因がてんかんかどうかが最大の争点になっており、弁護側は認知症と主張して同法違反(過失致死傷)の適用を求めている。

 検察側は、川内被告が事故前に病院を受診した際の症状や事故直前の目撃証言などから「てんかんの治療を受けるなどして正常な車の運転ができないことは認識していたのに運転し、てんかんの影響で意識障害に陥って事故を起こした」と指摘して懲役10年を求刑。予備的訴因の過失致死傷が適用された場合は懲役7年に相当すると主張している。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです