メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュースプラス

新幹線札幌駅、地下ホーム建設案 建設費、将来性で暗礁に 年度内決着に影、課題どう克服 /北海道

新幹線ホームの設置場所が定まらないJR札幌駅。「認可案」は在来線ホーム(中央左)の一角、「東側案」はその奥、「地下案」は中央右側の北5条・手稲通の下が検討されている=2017年9月、本社機「希望」から竹内幹撮影

 2030年度末に予定されている北海道新幹線札幌延伸に合わせた札幌駅ホーム建設を巡る議論が迷走している。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR北海道は、これまでの「認可案」「東側案」に加えて「地下案」を打ち出し一時は有力視されたが、巨額の工事費や位置などについて批判が根強く、実現は容易でない状況。関係者は今年度内の決着を目指すがどの案も欠点を抱え、いかに課題を克服するかが焦点となっている。【日下部元美】

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1208文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです