メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エアレース

「空のF1」室屋選手、総合連覇へ意欲 都内で会見 /福島

2018年シーズンに向けた抱負を語るエアレースパイロットの室屋義秀選手=東京都渋谷区渋谷1で

 「空のF1」と呼ばれる小型プロペラ機のタイムレース「レッドブル・エアレース」で昨年、日本人初の年間総合優勝を果たした室屋義秀選手(44)=福島市在住=が18日、東京都内で記者会見を開いた。来月始まる2018年シーズンについて「昨年の経験は生きる。再びワールドチャンピオンを取る」と、総合2連覇への意気込みを語った。

 エアレースは、空気で満たされた高さ25メートルのパイロンが並ぶ空中コースを、最高時速370キロで飛…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです