インフルエンザ

県全域に警報発令 昨年比2週間早く /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は18日、県全域にインフルエンザ警報を発令した。定点調査をしている119医療機関の1週間(1月8~14日)の患者数が1機関あたり平均30・40人となり、基準(30人)を超えたため。警報発令は昨年に比べ約2週間早い。

 県内全域の警報発令は4季連続。保健所管内別では竜ケ崎が50・38人で最も多く、古…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

あわせて読みたい

ニュース特集