メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

県全域に警報発令 昨年比2週間早く /茨城

 県は18日、県全域にインフルエンザ警報を発令した。定点調査をしている119医療機関の1週間(1月8~14日)の患者数が1機関あたり平均30・40人となり、基準(30人)を超えたため。警報発令は昨年に比べ約2週間早い。

 県内全域の警報発令は4季連続。保健所管内別では竜ケ崎が50・38人で最も多く、古…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]